« 中華街に行ってきた!パート1 | トップページ | 中華街に行ってきた!パート2 »

2005/01/28

ダメだってさ!

 一昨日だったか、東京都の国籍条項訴訟の最高裁判決ってのが下された。結果、在日韓国人の鄭(チョン)さんが都の管理職へと進む道は閉ざされてしまったわけである。何故ダメなのかその理由ってのをかいつまんで言えば、公権力を行使できるような立場につく人間として、外国籍の方は相応しくないってことらしい。一見もっともらしいけど、 そもそも日本に生活を根ざす在日の人たちを“外国籍”としてひとくくりして良いのだろうか? 鄭さんが管理職になったら都政が転覆されてしまったりするのだろうか? 都民に対して何か恐ろしい政策を打ち出したりするのだろうか?
 石原都知事も狭量な男である。
「まぁ、司法判断はこう出ちゃったけど、鄭さんの場合は別にいいんじゃないの。...基準?都知事としての俺の判断だよ、文句あんのか? あの判決にもそれなりに根拠があり、世の中建前も必要だけどな、それとこれとは分けて考える。文句あんのか?」
って言ってみればいいのに。(知事の会見も、この件に関しては珍しく歯切れが悪いんだよね。ちったぁ申し訳ないと思ってるのか、それとも過去の三国人発言を思うにつけ、本気で差別しているのか、そこら辺気になるねぇ。)

 某掲示板で、この件に関する書き込みを読むと、まぁ酷い!
 人によっては読むに耐えない“便所の落書き”呼ばわりされるこの巨大掲示板。初めて訪れる方には刺激が強すぎるかもしれんが、意外や意外、あまり一方的な意見に流されることもなく、世間の風評よりは数段まともな意見も散在したりして面白い。ところが話題が“在日”の方々に関するものだと、手が付けられないくらい荒れまくる。何故だ?

 小学校の時の友達のことを思い出す。仲の良い友達だったが、五年生に進級する時点で何の挨拶もなく転校してしまった。転校するならお別れ会でも開くだろうに、突然いなくなってしまったといった方がよいか、とにかく呆気にとられた。そのことを母親に話すと、
「あぁ、あの子朝鮮人(注1)だから、朝鮮学校に行ったんじゃない?」
と、いうではないか。(はぁ?!)いや、ビックリした。友達が朝鮮人だったことより、実際に合ったこともない小学生の息子の友達のことを知っている母親に驚いた。いくつか交わした会話に含まれた、当人も気付かない程度の侮蔑にも...。
 こういう問題がクローズアップされるたびに思い出す。
 小学校の階段を、その友達のあとから上って行くと、先に踊り場へ着いた彼が突然振り向き言い出した。
「なぁ、舌と舌をくっつけたらどうなるかな?ちょっとやってみねぇ?」
当時の俺に、唇と唇を合わせるものがチューであるという知識はあったが、舌と舌をくっつけるなどという斬新な発想はなかった。(なるほど、それは面白い!)承諾し、早速その場で二人は向き合い、お互いに舌を出しながら接近する。お互いが接触した瞬間、二人同時にのけぞった事を覚えている。
「うっ!気持ちわりぃっ!」
そう彼は叫んだが、俺などはその気色悪さに言葉も出なかった。その後、二人して馬鹿なことしちゃったなって感じで教室にでも帰ったのであろう。間もなく彼が居なくなるとは思ってもみなかったが。
 それが彼との最後の思い出でもあり、唯一思い出せる出来事だ。

 彼らと我らと何が違うというのだ。違うとすれば、違ってはならん理由は何だ? 彼らとは何だ? 我らとは何だ?
 いったい、いつまで引きずり続けるつもりなのか。

※注1
母親は朝鮮人と言っていたが、実際は韓国籍だったのかもしれん。
そういえば
「馬鹿でもチョンでも~」
って言葉の意味を知った時も衝撃的であったな。よく使われていた言葉であるが、それは既に慣用句であり、その意味を知っている人間でさえ、この言葉を発するたびに、一々差別感情を込めていたとも思えない。ハッキリ差別感情を表すより、こういう何気ないことの方が深刻で厄介なことなのかもしれん。

|

« 中華街に行ってきた!パート1 | トップページ | 中華街に行ってきた!パート2 »

コメント

  おもろい!

 やはり人のエッセイは視点が違うので楽しかった。 このブログ楽しみだわ~

 あせらずに、じっくり書きたいときに書いてください。 でもたまには更新しましょう。。

投稿: キンヤ | 2005/01/28 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27100/2720126

この記事へのトラックバック一覧です: ダメだってさ!:

« 中華街に行ってきた!パート1 | トップページ | 中華街に行ってきた!パート2 »