« 1月30日のマイマイ君 | トップページ | ダメ出し! TAKE 1 »

2005/01/31

パニック!その1

 危機に直面した時、当人の深刻さはさておき、端から見ればそれは笑い話でしかない事も良くある。

 それは俺が家賃二万円のぼろアパートに住んでいた頃の話しだ。
 暦は春だと世間では言ってもまだ寒い時期の朝。出かけるために入り口のドアを開けた途端、凍てついた風が室内に吹き込む。観念して両手を防寒着のポケットに入れ、首をすくめながらいつものように歩き出した最初の一歩である右足の着地予想地点に、その日に限って巨大なウンコがあった。恐ろしいことに俺の右足は今にもウンコを踏みそうである。
「あぶねぇっっっっっ!!!!」
目が覚めた。踏んでなるものかとあわてて足の軌道修正を行い、バランスを崩しながらも別地点に着地を試みた。通常ならこれで万事うまく行くはずである。が、次の瞬間、信じられないことに、よけたはずの右足の下に、なんと!ウンコが移動したのである!
「えっ? うっそ~~~ん!(涙)」(何がなんだか分らない恐怖、体験したものにしか分るまい。)
もう今にも踏みそうだ。しかしギリギリまで諦めるものか!と、更にあらぬ方向へと足を向けた結果、大幅にバランスを崩した俺は、もんどり打つようにして 2~3m ほど前方に移動していた。

 ...なんとか危機を脱する事が出来た。

 俺は、人の家の玄関前に巨大なウンコをした何者かを呪いながらも、一方で、ウンコを踏まずに済んだ安堵と、両手をポケットに拘束されてもなお無事転倒しなかったその快挙に、しばらくのあいだ充実感を満喫していた。しかし、ここで重大なことに気付く。
「なぜ、ウンコが動いたんだ???」
 おそるおそる現場へ戻ると.......何のことはない、それは大きなヒキガエルであった。やれやれ。(そういえば、朝のテレビでお天気おねぇさんが啓蟄の説明をしてたっけなぁ。)

 それにしても情けないものだ。ウンコが動いたことより、ウンコを踏まないことの方が、俺にとっては余程重要なことだったのですよ。

 以上。話しとしては出来過ぎだが、事実なものは仕方がない。

|

« 1月30日のマイマイ君 | トップページ | ダメ出し! TAKE 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27100/2754026

この記事へのトラックバック一覧です: パニック!その1:

« 1月30日のマイマイ君 | トップページ | ダメ出し! TAKE 1 »