« 2月26日のマイマイ君 | トップページ | パニック!その2の4 »

2005/02/28

手が付けられない!

 パット・メセニー(Pat Metheny)。今回は音楽の話しである。
 このギタリストのアルバムは、ソロであっても、他者とのデュオでも、自らが率いるグループであっても、どれを聴いても間違いはない。超人だ。毎回発表するごとに傑作なのだから、そんなことが出来ること自体、最早まともな人間の所業ではない。
 さて、このたび彼は、パット・メセニー グループ名義で新しいアルバムを発表した。またこれがどうしようもなく傑作である。


「The Way Up(注1)」
The Way Up

このアルバムの収録時間は約 72 分(日本発売盤)。CD として便宜的に 4 つにチャプターが切られているが、収録曲数は事実上たったの一曲である。つまり、72 分間ぶっ続け。これをヘッドホンでかまわない、出来るだけ大音量で浴びるように聴いて欲しい。これが醍醐味ってやつですよ。詳しいレビューなぞする気にもならん。批評なんて愚かなことは、人生を無駄にするだけだ。

 話変わって、キンヤ氏の新曲(注2)が発表された。批評してしまおう。(笑)正直、概ね感心しません。ところがだ。切って捨てるには後半(2:04 以降)、それも終わり間際などが美しすぎる。.....むう。弟君といい、あんたら間違いなく兄弟だよ。そろそろ次のステップに到達してもらわんと、待つ身としても辛いね。

 話変わって、マツケンサンバ2(トゥー!)。巷ではヒットの原因は何か、色々分析しようとする人もおりますが、演出の派手さに目を奪われるのか、ちっとも楽曲のことには触れませんな。実に明快で良く出来た曲なのに。きっとあまりの俗っぽさに心奪われてしまうのだろうな。

 あぁ、また批評してしまった。愚かなことであり人生の無駄である。またパット・メセニーを聴こう。

※注1)日本盤はジャケットと、内容ががやや違う。本来の収録時間は約 68 分。日本盤はボーナストラックと称して、約 4 分間ほど楽曲が延長された。ジャケットなどのデザイン・ワークも素晴らしい。封入された折りたたみ式のブックレットには 16 枚の連作写真が使われ、そのどれ一つをとっても素晴らしい。しかも全体として非常にクール。

※注2)かせ通信のメニューから「今日の愚痴」の 2 月 25 日掲載の項に「シャララ」という曲のリンクがある。ご興味ある方はどうぞ。

|

« 2月26日のマイマイ君 | トップページ | パニック!その2の4 »

コメント

トラバありがとうございます。
このアルバムには参りましたね。
たしかに批評できません。
ただ聴くのみ。
そして聴き手としての自分を批評してます(笑)

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2005/03/02 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手が付けられない!:

» THE WAY UP/PAT METHENY GROUP [footprints]
THE WAY UP/PAT METHENY GROUP(2005) [Songs] M1. OPENING M2. PART ONE M3. PART TWO M4. PART THREE [Personnel] Pat Metheny(acoustic,electric,synth and slide guitars) Lyle Mays(piano, keyboards) Steve Rodby(acoustic and electric basses, cello [続きを読む]

受信: 2005/03/01 01:55

« 2月26日のマイマイ君 | トップページ | パニック!その2の4 »