« 中華街に行ってきた!パート3 | トップページ | まいったか! »

2005/02/10

パニック!その2の2

 突然背後で起きた物音に、しぶしぶ様子をうかがいに行った俺であったが...。

---前回からのつづき---
 なんと!入口のガラス戸が割られているではないか!散乱したガラス片と共に、足元にはコブシ大の石コロが落ちている。誰かが外から投げ込んだのだ!頭にきた俺は急いで表に出てみたが、残念ながら犯人らしき人影は既に無い。店に戻ると板前さんが、
「どうせ酔っぱらいだろ、しょうがねぇな。とにかく片付けはメシの後だ。さっさと食おうぜ。」

 確かに、居酒屋で働いていれば、日常茶飯事とは行かないまでも、良くある範疇の出来事だ。三人とも食事に戻り、しばらくは、「世の中、変な奴もいるよな」とか「お前、誰かに恨みでも買われているんじゃないか」とか、冗談めかしく話していたところ、「ガラッ」と入口のサッシが開いた。しかし、振り向くと誰もいない。俺がホッとしてサッシを閉めに立とうとしたその時!一人の男が店に入ってきた!
 ゾッとした。そして絶望した。次の瞬間に俺たちを待っているのは「確実な死」だけなのだ。

 右手に「ナタ」を握った男が立っている。

---つづく---

|

« 中華街に行ってきた!パート3 | トップページ | まいったか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27100/2869661

この記事へのトラックバック一覧です: パニック!その2の2:

« 中華街に行ってきた!パート3 | トップページ | まいったか! »