« パニック!その2の4 | トップページ | 「便利になった」ことにしてやる! »

2005/03/02

切ないぜ!

 嫁はクジ運が良いのか、かなりの確率で映画の試写会に当選する。そのお陰で昨日もジム・キャリー主演の「エターナル・サンシャイン(原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind)」を観てきた。とても素晴らしい、とても切ない映画であった。観た人によっては難解な映画だと思ってしまうようで、映画終了直後、そんな感想も周りからチラホラ聞かれた。何を隠そう、嫁もその一人であった。俺などはとても感動してしまい、だれかとこの作品について話しを交わしたいところであったが、この手の映画を嫁は不得手にしており、ちょっとトリックがあるともうついて行けない。毎回残念に思うが...。  あまり詳しく解説するとネタバレになってしまうので気を付けながら行こう。あらすじは本サイトで確認して欲しい。  この映画の主人公、男女二人は極端な人間だ。男は慎重派といえば聞こえはいいが優柔不断で嫉妬深く、女は直情型で感覚派。両者とも度が過ぎるものだから、やがて破局を迎えてしまう。それでも二人は惹かれ合っている。その、何を拠り所にしているのか分らない、不確かな感情は何なのか? そしてそれこそと尊いものだと、この映画は主張する。  映画は全編、虚実入り乱れて進行し、主人公の記憶の中と現実が混ざり合い、確固たる拠り所は無くなって行く。唯一、確かだと信じられることは、不確かである“愛の記憶”だけなのだ。  この映画はハッピーエンドで終わるという解説もあるが、そう単純な物ではない。それが現実なのか、主人公の夢(妄想)なのか定かではないからだ。しかし、“お互いに惹かれ合う感情”、“お互いを愛する気持ち”、それらが不確かである以上、仮に夢だとしても、それは尊いことであり、現実だとしても、それは儚くも切ないものなのだ。

|

« パニック!その2の4 | トップページ | 「便利になった」ことにしてやる! »

コメント

はじめまして

TBありうがとうございました。「確かだと信じられることは、不確かである“愛の記憶”だけなのだ」・・・まさにピッタリの表現ですね。

これからもよろしくおねがいします

投稿: yyz88 | 2005/03/02 17:51

TB、ありがとうございます。この映画は本当に珠玉の1本だと思います。恋愛のはかなさ、せつなさ、不確かさをトリッキーな手法で魅せてくれました。アカデミー脚本賞受賞したのは当然かもしれません。ま、好き嫌いがはっきりでる作品ですが・・・。

投稿: ume | 2005/03/07 15:10

切ないぜ、はい切ないぞ!ですね。
これは~~~良かった。後を引きますぜッ!
な~んにも???な思いもしないままにどんどん
入っていって、映画の中でウロウロしていた、
そんな感じでした。ウロウロしながら、2人を
心配したりしてね・・・TBいただき感謝!
また見たいと思っています。

投稿: ツボヤキ | 2005/03/09 05:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27100/3136314

この記事へのトラックバック一覧です: 切ないぜ!:

» 別れるを決意するのは、この作品を観てからに… [人生はお伽話もしくは映画のよう]
「エターナル・サンシャイン」 言い出したら始めたらキリがないのが、付き合ってる人or配偶者の'悪いところ・いやな想い出'。人の話は聞かないわ、ジコチュウだわ、金 [続きを読む]

受信: 2005/03/02 12:03

» エターナル・サンシャイン [見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!]
監督:ミシェル・ゴンドリー 原題:Eternal Sunshine of the [続きを読む]

受信: 2005/03/02 17:49

» もう恋はしたくない「エターナル・サンシャイン」 [試写会帰りに。]
公式HPでバングルスの「エターナル・フレーム」のカバーが使われている。これがテーマ曲として使われると、映画がチープになってしまいそうで心配していたけれど、映画に... [続きを読む]

受信: 2005/03/05 05:15

» エターナル・サンシャイン [エンタメ!ブレイク?]
誰かを愛し、たとえ傷ついても、 その瞬間を生きた証が、「記憶」という人生なのだろ [続きを読む]

受信: 2005/03/08 23:16

» ■エターナル・サンシャイン ジム・キャリー ケイト・ウインスレット [ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY]
■Eternal Sunshine of the Spotless Mind エターナル・サンシャイン・オブ・ザ・スポットレス・マインド ●まず... [続きを読む]

受信: 2005/03/09 05:52

» おひさしぶりで [Bitter & Sweet]
お久しぶりです しばらく更新を放ったらかしにしていて本当にごめんなさい。 {{31,マイぷれす}}さんの方で「お薦め日記」に選んでいただいた頃、 あれ... [続きを読む]

受信: 2005/03/12 22:22

» エターナル・サンシャイン★★★★+珠玉のラブストーリー [kaoritalyたる所以]
ちょっと胸がキュっというより苦しく、切なくなる素敵なラブストーリー・・。自分にもこういう感情があって、きっとこんな風に相手を嫌に思うことがあってもやっぱり好きな... [続きを読む]

受信: 2005/03/16 00:22

» 「 エターナル・サンシャイン」二度目の鑑賞 [MoonDreamWorks]
監督 :ミシェル・ゴンドリー主演 : ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット /      /キルスティン・ダンスト/イライジャ・ウッド /公式HP:htt... [続きを読む]

受信: 2005/03/18 10:39

» エターナル・サンシャイン [Marさんは○○好き]
複雑に絡み合う記憶の中で真実の愛を探る。 なかなか楽しめました。途中から最後こう [続きを読む]

受信: 2005/03/20 09:16

» 『エターナル・サンシャイン』 [京の昼寝〜♪]
 “さよなら”の代わりに記憶を消した  失恋の記憶を消したいと思ったことはありませんか?  恋が終わった後の、あの胸の痛み。  悲しみと孤独を抱えながら傷が癒... [続きを読む]

受信: 2005/03/22 22:29

» #15:エターナル・サンシャイン [::あしたはアタシの風が吹く::]
3月24日(木) 有楽町マリオンで『ペア割-Plus』というお得な鑑賞チケットがあったのでこの券でアカデミー賞脚本賞を受賞した”エターナル・サンシャイン”を観... [続きを読む]

受信: 2005/03/28 21:08

» エターナル・サンシャイン [金言豆のブログ]
★本日の金言豆★日本銀行券(お札)に使われている色の数は、二千円札で15色、1万円と5千円が14色、千円が13色。 ”ハリウッドの個性派強面ハゲキャラスター”の中に入れる”穴”があったら何が起こる!?という超異色映画を世に送り出し、世の映画ファンを賞賛と混乱と不眠のどん底に... [続きを読む]

受信: 2005/04/24 15:41

» エターナル・サンシャイン 評価額・700円 [Blog・キネマ文化論]
●エターナル・サンシャインを鑑賞。 バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエル [続きを読む]

受信: 2005/09/08 13:37

» エターナル・サンシャイン [Rohi-ta_site.com]
DVDで、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、イライジャ・ウッド 出演の「エターナル・サンシャイン」を観ました。 ●ストーリー ジョエル(ジム・キャリー)はある朝目覚め、会社に向かう駅のホームで、急にモントークに行きたくなり、走ってモントーク行きの列車へ飛び乗ってしまう。 どこへ行くとなく、冬の寂しい海を見つめているとオレンジ色のパーカーを着て青く髪を染めた女性が目に入る。 しばらく海で時間を潰し、モントーク駅で帰りの電車を待っていたジョエルは、海で..... [続きを読む]

受信: 2005/10/31 04:42

» 『エターナル・サンシャイン』’04・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ バレンタインデー目前のある日。ジョエル(ジム・キャリー)は、不思議な手紙を受けとる。「クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社」クレメンタイン(ケイト・ウィンスレッ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/07 23:58

« パニック!その2の4 | トップページ | 「便利になった」ことにしてやる! »