« 楽しみである! | トップページ | 北海道あれこれの2 »

2005/03/10

教育って何よ?パート3

 またもや前回より随分時間が経過してしまったが、パート3だ。

 さて、ここまでだらだら引っ張ってきてしまったが、教育って何だろう。

 子供達が学校で過ごす時間のうち、大半を占めるのが授業であろう。学業を修めさせることは学校の果たすべき主たる目的であるから、巷で騒がれる学力の低下や、それに伴って授業の質、教員の能力が問題になることは、まぁ不自然な話しでもない。しかしだ。あえて無視する。俺の持論はこうだ。学校とは子供達が社交性を磨く場所であり、他者と自分という関係を認識し、構築する場所だ。それが無理でも最低限、“世の中色んな奴がいるんだね”ということが分ればそれで良いとさえ思う。その中で教師に科せられる最大の仕事は、子供達へ自分の生き様を見せることでは無かろうか。「大人も辛いんだな」とか、「人生ってのも悪くなさそうだな」とか、「あんな風にはなりたくねぇ。」とか。

 俺が通った高校の数学教師は傑作だった。生徒が、そこ分りませ~ん! と質問するなり、黒板から振り返って一言。

「数学は、フィーリングです。」

それは真理であるが、説明を放棄した時点で数学教師としては失格かもしれない。しかし生徒の受け取り方は様々であった。そんな言い方は無いだろうと反発する者。拍手喝采して茶化す者。その言葉を良く理解出来ない者。俺のように妙に感心してしまう者。
 今振り返ってみても、それはそれで良い勉強になったと俺は思うのだ。

|

« 楽しみである! | トップページ | 北海道あれこれの2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27100/3244060

この記事へのトラックバック一覧です: 教育って何よ?パート3:

« 楽しみである! | トップページ | 北海道あれこれの2 »