« 勘弁してくれ! | トップページ | 北海道あれこれの3 »

2005/04/05

結果オーライ!の1

 二十数年前、中学も終わりの頃。当時の担任が、「これからは学歴と同じくらい、手に職を付けた者が有利な時代になるよ。」...みたいな事を吹聴しつつ、工業高校への進路を強く推薦していた。その影響もあって、その学年は商・工業系への進学希望者が多かった気がする。当然担任だった俺のクラスは、更に他のクラスより希望者が多かった。なるほど工業高校ねぇ。そもそも普通科の勉強がこれ以上必要かどうか常々疑問に思っていた俺にとって、新しい選択肢が提示されたわけだ。(似たような三年間を過ごすくらいなら、工業高校ってイイかも!)キッカケはそんな理由だったが、とりあえず技術系の学校に進路を定めた。とはいえ、そんな安直な理由の他に、両親の教育方針も大きな影響を及ぼしていたのも間違いない。中学入学時あたりから、

「高校卒業したら、面倒を見るつもりは無いから、そのつもりで居ろ。」

と、俺は言われ続けていたのだ。そのことに別段不満はない。親としては自立心を育てるつもりでの発言だったろう。むしろ俺は望むところだと受け止めていた。頭で理解はしていたが、さて、具体的に自分がどのように生きて行けばいいのか、当時の俺には良く見えていなかった。いっそ、中学出たら働いちゃうというのはどうよ、とも思っていたぐらいだ。思春期にありがちかも知れないが、ホント、家(両親との生活)が窮屈で仕方がなかった。(工業高校かぁ。)...閉塞感に包まれていた時に、新たな道が示されたようだった。

 とりあえず工業高校へ進路を決めた俺であったが、工業と言っても様々な“科”がある。希望する高校には、建築、土木、電気、電子、デザインの、五つがあった。その中で一番興味があったのは、デザインだったのだが、担任に伝えると、「これからはコンピュータの時代だよ、電子科も検討したらどうか。」と、言われる。心は既にデザイン科に決めており、おそらく心変わりすることも無いと思ったが、ま、検討の余地ぐらいあっても良いかと、願書提出ギリギリまで返事を待ってもらうことになった。
 提出期限の日。

「○○君、希望の科、決まった?」
「はい、デザイン科でお願いします。」

俺は、第一希望をデザイン科とし、第二希望を電子科とした。確かにコンピュータも面白そうだと、その時点では思うようになっていたのだ。
 工業高校の受験は、希望の科に合格が叶わなくとも、滑り止めとして他に第二希望を指定することが出来た。科が違えば同じ高校とは言っても、相当違和感があるはずだが、とにかくそういう制度になっていた。

 しばらく経ったある日。ホームルームで願書の確認書というか、控えみたいなものが個人個人に見せられた。よくよく見ると、........間違っている。

「あの、先生、第一希望が電子科になっているんですが.......。」
「電子科じゃないのっ?!」
「いや、デザイン科って言ったじゃないですか。」

担任は絶句している。俺は事の重大さが分っていなかった。

「.....○○君。もう変更できないよ。」
「えぇっ!」

今度は俺が絶句する番だった。もう、願書は既に提出済みであり、変更は出来ないとのこと。俺も動揺したが、担任はもっと深刻に狼狽えている。それまで、大人をそこまで困らせたことはない俺は、なんだかこちらが申し訳なくなってきた。(変更できないものをこれ以上ゴネても仕方がないよな。)しばらく間があってから、俺は言った。

「じゃ、電子科でいいです。」
「いいの?○○君、ホントにいいの?」
「いいですよ。」

ダメだと言ってどうなるものでもあるまい。
 後日、担任が誤解したのも、それなりの理由があった事が分る。もともと募集の際、高校側が要求する偏差値が、デザイン科よりも電子科の方が全然高かったのだ。つまり、デザイン科を第一希望にしても、第二希望が電子科では滑り止めにならず、そういう併願はあり得ないのだそうだ。つまりは俺が変な欲を出して電子科も良いかな、と、あり得ない併願をした時点で、お互いの間に誤解が生じた。担任が電子科が第一希望と思いこんでいたところに、「“デ”ザイン科」と言ったところで、「“デ”ンシ科」と聞き間違えるのも無理はなかったのかも知れない。

 と言うわけで、俺は電子科を受験する事になった。

---つづく---

|

« 勘弁してくれ! | トップページ | 北海道あれこれの3 »

コメント

!!(o^0^)o<<<おはよ~♪LUKE~☆

コメントも、長々とぶら下がってしまうと、
しんどくなっちゃうかな??m(_ _"m)ペコリ

中学の3年生・・・15歳ですよね、
この年齢で、ある程度の方向性をもって人生の進路を決めるって、
とっても難しいと思います、

進路に対して、明確な意思を持っている人は稀だと思う、
自分が将来何をしたいのかを、解っている子は少ないと思う・・・

我が娘に関しては・・・
最初は主人の趣味に引きずられて、ゴルフを始めたのですが、
自分も楽しくなってしまって、
ゴルフができる学校を探して進学・・・
そのまま好きなときにラウンドできる所に就職・・・
で、今に至っている、

息子に関しては・・・
考え方が幼かったのか、自分が何をしたいのか解っていなくて、
で・・・時間稼ぎの為に普通科に進学・・・
高校に入ってから、少しずつ進路の事を考えていったみたいで、
その後に、大学に進学して建築学科を専攻しています、
それでも最初の頃は迷いがあったようで、
やる気が失せてしまった2年次には、サボってばかりいて、
2回目の2年生を経験しました・・・(留年です・・・【涙】)
親としては、1年増えてしまった学費の事を考えると、
泣きたくなりましたが、
息子には、必要な1年だったみたいで、
今では納得したようで、それなりに頑張っています、

私の場合は・・・
女の子だから先ずは高校だけでも卒業して、
その後に就職できるように、商業科で良いんじゃない??
親と担任と私の3人で考えた結果が、進路となってしまった、
でも、絵を描いたり何かを造りだす事が好きだった私は、
高校卒業後に、進学してやりたかった事をさせてもらった、
安易な進路計画だったと思います、

進学って、選択肢を間違えてしまうと大変です、
若いから何度でもやり直しができるのでしょうが、
それ以前の問題で、
自分が何をしたいのか?どうなりたいのか??
15歳の中学生がどこまで考えられるか・・・
先ずは、そこのところが大切ではないのか?と、思いました、


夜猫の、勝手気ままなコメント書き込みです・・・
の・・・つぶやきでした~♪

投稿: misty_night_cat | 2005/04/08 07:38

>コメントも、長々とぶら下がってしまうと、
>しんどくなっちゃうかな??m(_ _"m)ペコリ

いや、ブログ書くより、お題がある分、むしろ楽なんだけどね。(笑)

>この年齢で、ある程度の方向性をもって人生の進路を決めるって、
>とっても難しいと思います、

私の周りもとりあえず進学という友達ばかりでしたし、自身も全く漠然としておりましたが、私が通った高校のクラスの仲間は、殆どが入学当初から自分の進路を定めておりまして、凄く衝撃を受けた思い出があります。そういう学校だったのですね。ま、いずれ続きを書きたいと思ってます。

投稿: LUKE | 2005/04/09 00:19

ワクワクしながら、楽しみにしていますね~♪

今回のコメント・・・短めにネ~♪


夜猫の、こういう時もあります~☆
の・・・つぶやきでした~~♪^-^

投稿: misty_night_cat | 2005/04/09 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27100/3583435

この記事へのトラックバック一覧です: 結果オーライ!の1:

« 勘弁してくれ! | トップページ | 北海道あれこれの3 »