« 5月8日のマイマイ君 | トップページ | 俺を選ぶな! »

2005/05/09

心機一転!

 先日、実家の引っ越しが完了した。だらだらと、二ヶ月以上もかけ、ようやく終わった。移転先は、元いた場所からそう離れたところではないのだが、両親にしてみればこちらに根付いてから、ほとんど初めての引っ越しだ。結婚した二人がそこで一から生活を築き、苦楽を共にして二人の子供を育て上げた四十年。その間、木造の平屋に住み続けていたわけであった。両親にとって、おそらくこの引っ越しには特別な意味があったのだろうと思う。
 家というものは不思議なもので、人の気配がなくなると途端に寂(さび)れてしまう。部屋から荷物が減って行くたびに、どんどん古びていった柱、壁、床。その痛々しいことよ。全て運び出された時、慣れ親しんだ家は、廃墟となった。

 両親にとって、人生の 1 ページが確実に閉じられた。新たなページも開かれた。

 俺は俺で、最後に無人の家に立ち寄り、子供の頃に貼り付けたシールを写真に納めてきた。懐かしさがこみ上げる。

トイレの取っ手付近に貼られたクワガタシール。↓
トイレの取っ手付近に貼られたクワガタシール。
柱の最上部に貼られたウルトラマン・エース対怪獣のシール。↓
柱の最上部に貼られたウルトラマン・エース対怪獣のシール。

 何れも三十年以上前の年季の入ったものだ。写真を撮った後、「お世話になりました。」と、一礼して部屋を後にした。

|

« 5月8日のマイマイ君 | トップページ | 俺を選ぶな! »

コメント

!!(o^0^)o<<<LUKE~♪

生まれてから今まで(40年近く)同じ所に実家があって、
小さい頃からの思い出がイッパイ詰まってるって・・・
どんな感じなんだろうか・・・

柱や壁の、一つ一つの傷にも思い入れがあるんだろうな、

父は旧国鉄マンだったので、私が小学校の1年までの間に、
しょっちゅう(5回ほど・・・)引越しをしていた、
父が亡くなった後は、母の仕事の関係で4回引っ越した・・・
一箇所にとどまるという事を、知らなかった私なので、
思い入れの深さが解らない・・・

それでも、引越しのたびに淋しさがこみ上げて、
住み慣れた家との別れに、感慨深い思いがあったな・・・

結婚して27年・・・
母屋から、事務所兼用の離れに引越しはしたものの、
移動したとはいえない距離だし、母屋には出入りしているから、
引越した感じがしない、

ご両親は、どんな気持なんだろうか・・・
LUKEは、どんな気持なんだろうか・・・
慮る事ができないな・・・


夜猫の、引越しに慣れっこになっているなんて、淋しいね~☆
の・・・つぶやきでした~♪

投稿: misty_night_cat | 2005/05/10 02:44

思い出いっぱいの家、いいですよね。柱の傷が刻まれていたりしって。同じ様な体験があります、作業場、物置として使っていてもいずれ取り壊す日が来ることでしょう、何度か違う心境で写真に残す事をお勧めします。近隣から家事が、放火が、心配とかの声で更地にする事になり存在がなくなったとき?、また違った想いがする物でわないでしょうか。夏休みの工作もの、絵、しまい込み忘れていた物、したってってもなんですがいいですよね。私も実家の古い家が消えた日を想い起こしました。ありがとう。

投稿: meganeko | 2005/05/10 08:37

コメントも溜まってしまったよ。(^_^;)

夜猫賛江
>一箇所にとどまるという事を、知らなかった私なので、
>思い入れの深さが解らない・・・

そういう私の母親も、父よりはサバサバしている模様。恐らく性の違いによるものではないかな。そもそも男なんてものは、行きつけの飲み屋でも自分の座る席を大体決めているもので、あまり変化を好まない傾向にあるし。


meganeko 賛江
>何度か違う心境で写真に残す事をお勧めします。

今思えば、そうしておけば良かったですね。でも、記録も無きゃ無いで、サバサバして良いかも、とも思います。

投稿: LUKE | 2005/05/18 18:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27100/4061643

この記事へのトラックバック一覧です: 心機一転!:

« 5月8日のマイマイ君 | トップページ | 俺を選ぶな! »