« 2007年9月 | トップページ | 2011年3月 »

2008/07/15

崖の上のポニョ!

 久々のブログ更新なんである!

 前置きですが、我が息子は順調に育っておりまするよ。ああ........自分の息子がこんなに可愛いものとはなぁ。毎日、我が脳内にはドーパミンだのなんだのの麻薬物質が大量分泌され、お馬鹿さんになってしまいそうよん!
 そうそう、ついこの間も息子をバギーに乗せてドラッグストアに入ろうとしたら、見知らぬババァが突如息子を覗き込むから、何事かとちょっと焦った。
「あらぁ! 可愛い赤ちゃんねぇ。声をかけずにいられなかったわ! 男の子?」
だ~ってさ! ババァ、ナイス!

 さて本題!
 昨晩、「崖の上のポニョ」の試写会に行ってきました。ま、只で見せていただいたので、律儀に宣伝してやろうかと思います。まずは公式サイト↓
http://www.ghibli.jp/ponyo/
で、結論から言うと大変面白い映画でしたよん。荒唐無稽なお話ですが、わざわざ深読みしても面白いし、あっさり楽しんでも良いし。子供から大人まで十分に楽しめる作品だと思います。個人的にはジブリ作品では「魔女の宅急便」や「もののけ姫」などを評価しているのですが、もちろん「となりのトトロ」も大好きです。”ポニョ”はその“トトロ”よりもっとファンタジーよりな作品で、久々に宮崎監督が「弾けた」な、という感じ。そして、この映画の中の子供の描き方を見れば、監督が如何に自分の息子を愛おしく育てたのか非常に良く分かり、好感が持てます。自分ら夫婦も試写会に行くために、息子をジジババに預けてきたのですが、嫁もろとも、映画を観ている途中から息子に会いたくなってしまって大変でしたよ。鑑賞後は二人、小走りで駅に向かいました。(笑)
 さて、作中、深読みすると面白い所はたくさんあるのですが、ネタばらしになるのでそれは止めるとして、作品そのものの作られた動機を深読みさせていただきます。ズバリこれは息子の吾朗さんへのエールだったのではないかと。前回、「ゲド戦記」の監督を任された吾朗さんですが、僭越ながら言わせてもらえば、お客さんを見ていなかったというかな、万人をも納得させるえげつなさというか、あざとさというか、要するにエンターティメント性に欠けていたと思うんです。それに対して、作品で答えを示したのが、お父さんの作った“ポニョ”だったような気がしてなりません。作中の子供の愛らしい描き方といい、父親の孤立感といい、ほぼ間違いないと思うのですがねぇ。

 最後に、数ある中で一つだけ印象に残ったシーンを。
 ポニョのお母さんの登場シーン、凄いですよ。その強烈な艶めかしさといったら無いです。とある絵画に影響されたとか。たった今テレビの宣伝で知ったのですが、その作品名は映画を見終わるまで秘密にしておいた方がインパクトがあると思うので黙っておきます。ゴメンなさいね。

 既にご覧になった方は以下の「続きを読む」をクリックしてください。こっそりお知らせいたします。

続きを読む "崖の上のポニョ!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2011年3月 »