2011/03/12

避難シミュレーション!

 昨日、家の中で子供(三歳になりました!めちゃカワイイっす!)の着替えをしていたところ、やけに長い予震があり、ただ事では無いと感じたため、子供を抱きかかえて屋外へ脱出! まもなく大きな地震に見舞われたのだが、近隣に居並ぶビルの中には洒落にならないほど揺れる建物もあり、震度があと一つでも大きければ倒壊していたのでは無いかと思われるほど。近所の女性達も何人か外に出てきたのだが、みなサンダル履きなんだよね。どう状況が転ぶかわからないのだから、せめてスリップオン(いわゆるスリッパじゃありませんよ)で出てこなくちゃさ。

 俺は結構普段から、「こんな時はこう対処しよう。」と、何事にも一度は考えを巡らすタイプで、今回の地震の時、真っ先に外へ飛び出したのも、ウチの状況ではそれが一番安全だと結論づけていたからである。しかし、近隣のビルの揺れを直に確認(出来たことは幸いである)したことにより、自宅の二階に待避した方が「初期避難としては正解かも知れないな。」と思うようになった。再考の余地有りだ。

 家族でというか、実質、嫁との二人の間で決めていた広域避難場所への避難も考え直す必要があるかも知れない。嫁は小学校の教諭なのだが、学校自体が避難場所であり、帰宅困難者の子供も保護しており、それらの作業に従事するためにも帰宅することが出来ないという、当たり前のことが露呈した。

 こういう時、電話はやっぱり通じないな。メールが使えることは有り難いが、メール出来ないジジババとの連絡を考えると心細い。色々複合的な要因があるとは思うが、災害用伝言ダイヤルが全く機能しなかったというのは困ったものだ。地デジ化で空く予定の電波帯域を有効活用し、ここらへんの改善を強く望む。

 昨夜は、家族全員が寝てしまうと危険かと思い、用心のため俺はテレビをつけっぱなしで夜を明かした。時間が経過するにつけ、徐々に被害の大きさ、恐ろしさが明らかになってきたが、途中、何度か発生した地震警報にも神経をすり減らされた。(結局誤報のようだが)

 被災地の方々にはお気の毒であるが、我が家にとっては色々考え直す機会と捉え、安全をもう一度見直してみようと思う。

........という覚え書きでした。皆さんもお気を付けて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/02

大寒波だってよ!

 記録的な大寒波到来だそうだ。新潟の被災地を考えると、何も今年でなくとも良いだろうにと、つい思ってしまう。それまでもニュース番組では、雪の重みで建物が壊れてしまうという報道が何度かあったが、更に寒波による大雪ではたまったものではないだろう。(被災地では昨日までに 55 棟が倒壊したそうだ。)しかしここで、疑問が残る。被災し、倒壊しかけた家屋が雪の重みに耐えられないのは、気の毒だがやむを得ないことかもしれん。しかし、住民が避難するための仮設住宅まで危険な状態であるのはなぜだ? 自然災害だから仕方がないのか? それが俺には腑に落ちないのだ。
 まだ雪が降る前、仮設住宅建設の映像を見ながら疑問に思っていた。いくら仮設だからって、そこが豪雪地帯であることを全く考慮していない屋根の形状であり建物の構造なのだ。ちょっと想像力があれば、誰が見ても本当に大丈夫なのか不安に思うはずだ。なぜ屋根に傾斜を付けなかったのだろう。仮設に入居予定の方へのインタビューでは、倒壊しかけた自宅と仮設の二カ所の雪下ろしなど到底不可能だといっていた。ならば、安全面でも、雪下ろしの作業軽減のためにも、建設当初から何か工夫する必要があったのではないだろうか?

 なにやってんだよって、どうしても思ってしまうのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)