2011/03/12

避難シミュレーション!

 昨日、家の中で子供(三歳になりました!めちゃカワイイっす!)の着替えをしていたところ、やけに長い予震があり、ただ事では無いと感じたため、子供を抱きかかえて屋外へ脱出! まもなく大きな地震に見舞われたのだが、近隣に居並ぶビルの中には洒落にならないほど揺れる建物もあり、震度があと一つでも大きければ倒壊していたのでは無いかと思われるほど。近所の女性達も何人か外に出てきたのだが、みなサンダル履きなんだよね。どう状況が転ぶかわからないのだから、せめてスリップオン(いわゆるスリッパじゃありませんよ)で出てこなくちゃさ。

 俺は結構普段から、「こんな時はこう対処しよう。」と、何事にも一度は考えを巡らすタイプで、今回の地震の時、真っ先に外へ飛び出したのも、ウチの状況ではそれが一番安全だと結論づけていたからである。しかし、近隣のビルの揺れを直に確認(出来たことは幸いである)したことにより、自宅の二階に待避した方が「初期避難としては正解かも知れないな。」と思うようになった。再考の余地有りだ。

 家族でというか、実質、嫁との二人の間で決めていた広域避難場所への避難も考え直す必要があるかも知れない。嫁は小学校の教諭なのだが、学校自体が避難場所であり、帰宅困難者の子供も保護しており、それらの作業に従事するためにも帰宅することが出来ないという、当たり前のことが露呈した。

 こういう時、電話はやっぱり通じないな。メールが使えることは有り難いが、メール出来ないジジババとの連絡を考えると心細い。色々複合的な要因があるとは思うが、災害用伝言ダイヤルが全く機能しなかったというのは困ったものだ。地デジ化で空く予定の電波帯域を有効活用し、ここらへんの改善を強く望む。

 昨夜は、家族全員が寝てしまうと危険かと思い、用心のため俺はテレビをつけっぱなしで夜を明かした。時間が経過するにつけ、徐々に被害の大きさ、恐ろしさが明らかになってきたが、途中、何度か発生した地震警報にも神経をすり減らされた。(結局誤報のようだが)

 被災地の方々にはお気の毒であるが、我が家にとっては色々考え直す機会と捉え、安全をもう一度見直してみようと思う。

........という覚え書きでした。皆さんもお気を付けて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/30

目も当てられない!

 JR福知山線の大事故は、106 人の犠牲者を出す大惨事となってしまった。現在は救助活動も終わり、本格的な原因究明作業の段階にある。

zoku ここで一冊の本を紹介したい。続々・実際の設計 失敗に学ぶ である。1996 年初版の本であるが、数々の失敗事例を考察し、何故失敗は起こるのか、失敗とは何かを、失敗の階層性、失敗情報の特性、失敗の学習方法、失敗学習の効果、失敗体験の必要性、教師の失敗教育方法等について論ぜられた希有な著作である。
 失敗例は、御巣鷹山の日航機墜落事故や、スペースシャトル・チャレンジャー号の爆発事故、アメリカのスリーマイルやロシアのチェルノブイリ原発事故などにもおよび、前例となる同様事故との比較考察など、読み物として非常に興味深い。
 著者は語る。

 重大事故は複数の原因が複合して発生する。(中略)大きなシステムが、単純な原因で重大事故を起すことはまず無い。しかし、確率的には低いものの、それらがいくつか複合したときに重大事故が発生する。そのような場合、個々の原因に前例があっても、全体の事象としては初めてのケースの事故と受け取られる。

 福知山線の事故にも充分当てはまるだろう。そもそも列車事故など滅多に起こるものではないのだ。秒単位に管理された過密なスケジュールでありながら、殆ど事故を起さない日本の鉄道は、やはり相当に優秀なシステムを持っている。ラッシュ・アワー時の運行は、利用者の振る舞いもシステムの一部に組み込むという、先進的な発想を用いて実現している。今回の事故は悲惨な事件であるが、そうであっても、今までの誇るべきシステムまで否定するものではないと思う。何重ものフェイルセーフ(安全対策)が施されてなお、何故、大惨事となったのか、そこをハッキリさせなければ死者も浮かばれないであろう。

 著者は語る。

 多くの失敗をした設計者ほど良い設計をする、とも言われている。事実としてはその通りであろうが、この経験重視の指導法はどこかおかしい気がする。なぜなら普通は失敗し続けたら設計するチャンス自体が再び回って来なくなるからである。
 一方、学生や若い設計者の設計指導をしてみると、通常の指導方法に大きな欠陥があることに気づく。それは経験重視とは逆に(中略)設計の正解だけを教えていることである。

 失敗を重ねた人間ほど、正解への道筋に詳しくなるが、まさか電車の運転手が失敗を重ねて経験を積むわけには行かないのだ。そこで必要なのは失敗談の継承だ。過去の失敗を我が物とし、将来踏む轍を前もって予測、回避するしかない。
 脱線のメカニズムは物理的な原因だけではない。運転手のメンタルに対するプレッシャー、会社の経営方針、公共交通機関に対して利用者が要求するもの、それら全てのベクトルが、あの時あの場所へと向かったために、何重ものフェイルセーフも容易く突破され脱線事故を形成してしまったのだ。今は一つ一つ要因を明らかにすることに専念するしかない。問題は、どう継承するかだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/03/07

その後の 嫁、クラッシュ!

 嫁が車にぶつけられたのは、前回お伝えした通り。怪我は大したことはない。が、あれから反響はなかったのかと、嫁がしつこく俺に聞く。未だに聞く。(.......ありませんよ、何一つ。誰もあんたの怪我なんぞ心配しませんってば。)

 最近、ブログの話題に困窮しているのだが、さぁて今日は何書くべ? と、俺が漏らすたびに、

「ねぇねぇ、私のヒザの怪我のこと書くと良いよ、ほらほら、まだアザが残ってるよ。」

.......(-_-;) 何一つ反響がなかったのが余程悔しかったらしい。

 そう毎回言われれば、もう仕方がないので写真を掲載することにします。(これ以上無視し続けると、嫁はヘソを曲げてしまうかも知れません。)
嫁の膝

 ブログをご覧の皆様にお願いです。たった一人で良いのです。「大丈夫?」ですとか、「痛そう!」ですとか、一言でよいのです。心配するフリだけでもしてもらえませんか!(T_T)


※ちなみに怪我の方は順調に回復に向かっており、見た目ほどではありませんよ、ご心配なく、いや、心配してやってください!(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/24

嫁、クラッシュ!

 月曜の朝(注1)、通勤途中の嫁、車にひかれる。
 ...皆様ご心配なく。幸運なことに嫁は軽傷。全治一週間の右膝打撲ということだ。ただし、その時乗っていた自転車の前輪は見事にひん曲がり、例の自転車屋のアンチャンとこに入院となった。↓
無惨!川相君
ちなみにこの自転車は電動アシストタイプで、我が家での呼び名は、川相君である。名前の由来は、元巨人軍で現中日の内野手「川相昌弘」選手にちなんで付けられた。自転車のくせにキッチリ良い仕事をするからである。今回の事故で彼も同じく全治一週間の傷を負った。

 不幸中の幸いだったのは、加害者がタクシーの運転手だったことである。事故直後は当人も随分うろたえていたようだが、職業柄、当人も所属の会社も事後処理には手慣れたもので、その点は安心出来た。また、自転車もしくは嫁の足が回復するまでは通勤の往き帰りはタクシーを使える。もちろん、相手が運転手でなくとも、そのくらいの保証はしてくれるものだと思うが、朝はタクシーの稼働率が高く、時間指定で迎車を依頼することが難しい。少なくとも今の住所に限れば、通勤にタクシーを使うのは路線バスを利用するより時間が読めない。そのような状況で、優先的に利用出来るという意味ではラッキーといえる。
 幸い中の不幸は、嫁は乗り物酔いしやすいということだ。折角のタクシー通勤も、特に帰宅直後などはしばらくグッタリしていることが多い。

 世の中、上手く出来てるのか出来てないのか良く分らない。

※注1)書き間違えました、実際は火曜の朝でした。気が付いたので訂正します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)