2005/04/18

俺のアイデンティティを返せ!

 昨日は、普段からお世話になっている友人 N 氏のピンチヒッターとして、とある会社のパソコン設定業務にかり出された。こういう業務には珍しく、作業自体に大きな問題もなく、予定時間を一時間繰り上げて帰宅することが出来た。のだが、今日は非常に気持ち悪い思いをしたよ。
 本日、担当者と会った一言目で、「今日は一日、“山田浩”(仮名)という名で通してください。」と言われる。つまり本来やってくるはずの男は山田浩(仮名)さんであり、そのピンチヒッターである俺は、今日一日その当人になりきらねばならない。せめて、俺にこの話を紹介してきた友人の N 氏の名であるなら、まだ気分的にも納得できる。しかし、見ず知らずの人の名を名乗るというのは思っていたより気持ちの悪いものだ。

 パソコンの設定というのは、実はそんなに難しい作業ではない。ただ、一見単純そうな設定でも、作業工程を羅列すると結構な数に上るため、単純にミスを起しやすい。日常生活ではアバウトで済むことも多いが、パソコンの場合は一カ所設定を間違うと、テコでも正常に動かないというのが厄介なところ。そんな理由から、こういった作業には作業工程のチェックシートが毎回不可欠だ。うっかりミスを防ぐため、作業員はチェックシートとにらめっこしながら、粛々と設定を行って行く。で、その最後におきまりの署名を行わなければならない。このパソコンを設定したのは、この俺であると。ところがだ、それが全然別人でしかも見ず知らずの名を記入するとなると、本当に気持ち悪い。一台に付き、ペンによる署名と、キーボードでの入力の二回ほど、俺は山田浩(仮名)という名前を記入し続けた。書く度に

「俺は山田浩(仮名)じゃねぇ!」

という思いがこみ上げる。
 家に帰ってまず行ったことは、紙に自分の名前を書くことだった。普段当たり前のように書いている自分の名前。それを書くことが、こんなにも気分の良いことだったとは!

 陰陽師(原作:夢枕 獏)という作品がある。この中で、全ての名前は“呪”であり、そのものを、それとしてあらしめる源であると同時に、そのものを、それに限定するための“縛り”であるといった下りがある。言霊ともいえる。ちなみにこのブログからリンクさせてもらっている 蘊恥庵庵主 さん(このお方、現役の高校教師で国語の先生なのだ。この人の授業は面白いだろうなぁ。)のブログ 不二草紙 本日のおススメ“京都議定書発効…「集団気分」と言葉”という項にも言霊に関する考察があり、非常に興味深い。勝手に引用させていただく。

 これが言葉の恐ろしさです。集団気分を作るのは、間違いなく言葉の機能の一つです。「いじめ」も「ひきこもり」も言葉が作り上げた世界です。

 人はいかに言葉(文字)の生き物であるかと思い知らされる。言葉は良くも悪くもカテゴライズする性質がある。
 俺の嫁が小学校の先生だということは、ここで触れたかどうか定かでないが、先生なわけです。でもって、時々会話の中で気になるのが、ADHD(注意欠陥・多動性障害)などという言葉。昔なら落ち着きのない子で済んだところを、ADHDと呼ぶ(カテゴライズする)ことで、まるで病人のようにしてしまう。人間とは一人残らず病人であるという正しい認識の元で、そのような会話がなされているのであれば、あまり問題はないと思われる。しかし実際はどうか。幸い、嫁はその危険性も十分に理解している。ただ、教育の現場では、どうしてもそういう観点から、物事捉える必要もあるようで、事は単純でもないが。

 名前で思い出した。俺は東京芸術大学を受験するために、何年か大学入試センター試験というのを受けたことがある。(結局合格は叶わなかったが、今だって受けようと思えば受けられるのだ、挫折した覚えもなけりゃ、あきらめた覚えもない。)毎年、国語の試験は俺にとって楽しみであった。長文読解の問題に出される例文が、誠に素晴らしい。ある年の試験では、問題に感動して解答用紙を涙でぬらし、ある年の問題ではその哲学的な考察に圧倒された。大学の教授というものはこういう素晴らしい文章に囲まれ、研究を続けているものなのかと、心底感心したものだ。
 いつの年だか記憶が定かでないが、その例文に名前に関する考察があった。痛く感動した割りにはしっかり内容を覚えていない。近いうちに図書館へ行って、当時の入試問題を探してみたくなった。もう一度読み返す事が出来たなら、またこの項の続きを書きたい。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2005/04/13

Fカップ!

 成り行きとはいえ、Fカップを題材に詩を書くことになってしまった。このブログだけをご覧の方には全く意味が分らないだろうね。.....みんな! この俺についてこれるか!?

-----------------------------------
えふかっぷの詩(改題:えふかっぷの歌)
- りでる様に捧ぐ -

たゆたゆと
癒多々たゆたう
多たゆたう
称うたゆたゆ
たゆ詠うたゆ

(読み)
たゆたゆと
ゆたたたゆたう
たたゆたう
たたうたゆたゆ
たゆうたうたゆ

(意訳)
たゆたゆと、揺れるおっぱいを見るに付け
とても癒されるのです。
そう、何度も揺れるほど...。
私は揺れるおっぱいを称えます。
すると、呼応するように、おっぱいも、高らかに喜びの詩を歌いあげるのです。
.......それにしても洗濯物の良く乾くことよのう。

(選評)
まるで秋晴れのように爽快な歌となりました。洗濯物が良く乾くことでしょうね。
-----------------------------------

無念.......OTL 絶筆!

 この先、二度と詩を書くまいと誓う俺であった。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2005/02/21

とれちった!の2

 前回からの続き。
 先々週末に歯の詰め物がとれてしまったわけだが、昨日歯医者に行って新しい金属を詰めてきたのであった。昔と違って施術の痛みがほとんど無いのには感心する。

 まだ高校生だった頃(注1)、当時、歯医者など何処でも良いだろうと、一番近所の医院を選んで治療したことがある。(.....間違いだった。医者は選べ。)そこの先生は見た目大丈夫かよ、と思うほどヨボヨボの“じじい”で、俺の治療の終わった数ヶ月後にお亡くなりになった。ま、逝く直前まで現役で活躍されたのだから、あっぱれな話しだが、患者にとっては迷惑なことであった。だってピンセットを持つ手が震えてるんだもん。またその先生の施術の痛いことと言ったら無かったな。毎回拷問のようだったが、一つだけ勉強になった。ある時、歯を削りながらじいいが言った。

チュイ~~~ン! イ~~ンイ~~ン.....
「あががっ!」
「...痛いかね?」
「(痛いっちゅうの!)...が、がいぎょうぶげふ。(だ、大丈夫です。)」
「そうだな、我慢出来ない痛みはないからな。」
(なぬ?)

痛いながらも妙に納得しそうになる。(そういうものなのか?)

 治療最後の日。じじいの震えた手は、俺の患部に針のように先のとがったピンセットを突き立てた。もちろんわざとではない、手元が狂ったのだ。

バキッ!
「おお、こりゃいかん。」

その時の俺は、心臓に電気ショックを与えた瀕死の患者のように、椅子から跳ね上がったはずだ。生まれて初めて気が遠くなる痛みというものを体験した。気持ちが良くなって意識が飛ぶ寸前、

バキッ!
「いかんいかん。」

またもや強烈な痛みによって、跳ね上がりつつ今度は現実に引き戻された。
 その後その痛みは引くことが無く、退院後もたっぷり六時間は悩まされた。歯神経から直接脳みそを引っ張られるような気色の悪い強烈な痛さであった。

 数年経って、別の歯医者に行った時、あの時の痛みは何だったのかと拍子抜けするほど、医療技術の進歩を実感した。あのじじいがまだ生きていたなら、何の疑問も持たずにまた同じ医院に通っていただろう。
 じじいよ、安らかに眠れ。

※注1)よくよく思い出すと、高校卒業後のことであった。訂正することで文章内容に大きな影響が出るわけでもないが、俺自身の記録として、記述はなるべく正確にしておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

とれちった!の1

 タバコを止めてから二年以上経過した。俺はハイライトと言う銘柄を一日二箱以上消費していたので、ヘビースモーカーだったといえる。止めた理由はというと、税源に不自由すると、すぐに酒やタバコに転嫁する世の姿勢に対し、多少なりとも反旗を翻したかったと言えば嘘で、要するに趣味として楽しめる価格を超えたと自分なりに受け止めたわけであった。価格さえ上がらなければ、きっと今でも吸い続けていたはずなのだが、ちくしょう、二年経った今でも吸いたいぜ!
 たばこを止めるのは実に簡単である。吸わなきゃ良いのだ。俺の場合、ちまたで聞くように、口寂しくてガムを噛んだりすることも無く、単に吸うのを止めた。ところが、昨年の春くらいからであろうか、友達の車の中にボトルで売られている粒ガムが常備されていて、それを拝借するうちに自分でもガムを購入するようになってしまった。

 さて前フリが長かったが、今回のお題である。その日もガムを噛んでいたのだが、その最中に歯の詰め物がとれてしまったのだった。あらまぁ。これは歯医者に行かねばなるまい。すげぇ久しぶりだ。おそらく最後に歯の治療をしてから軽く十年は経過していると思う。
俺の愛車ディーノ
↑俺の愛車ディーノ(亜鉛合金製)と、奥歯の詰め物(金銀パラジウム合金製)。インテルも入ってます。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)