2007/09/29

出産その15:こんな事では身が持たん!

 ウチのベイビーちゃん、黄疸が出たとかで別室に連れて行かれてしまった。最初に電話で“入院した”という言葉を聞いた時、胸がぎゅうっと苦しくなった。黄疸に関しては良くある事だということで、予備知識もあったし、そうなる覚悟もしていたものの、実際に別室に隔離されるともの凄く心配になる。出産からこの方、何かある度に胸が痛くなるので、お陰で自分の心臓の位置がよく分かるようになった気がする。こんな事ではこれから先、身が持たんぞ!

 お父しゃん、しっかりしなければ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/09/27

出産その14:総括できない!(T_T)

 そろそろこの項、総括しようと思っているのだが、中々出来ないでいる。このところ病院の面会時間の終了により、強制的に子供と引き裂かれる日々が続き、非常にストレスを感じる。寂しい。切ない。虚しい。

 息子よ。オレをお父シャンにしてくれた息子。すっかり君無しでは生きて行けない体にされてしまったよ。早くお家に帰っておいで。

 はぁ。orz

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/09/25

出産その13:可愛いにも程がある!

 子供かわいいっす!
 しぐさ、表情、鳴き声、全てが自身の遺伝子を直接刺激するというか、もうたまらんわけです。明らかに他の子とは違う。我が子が可愛いって、こういうことだったのですね。これは親馬鹿じゃなくて本能ですよ!

 ウチの子サイコー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出産その12:おめでとう!

 本日、12:40。LUKE家に王子様誕生なり〜!

 体重 2948g、身長 49,5cm でございます。難産でございました。促進剤を点滴したらば、三十分もしないうちに産気付いたのですが、分娩室に移ってから丸二時間以上かかりました。待つ身にとっては長かったため、要らぬ不安が頭をよぎり、更に長すぎたため、十分に落ち着くことができましたとさ!(^_^;)

 嫁、お疲れ様。息子、ありがとう!

 で、名前はまだ無いのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

出産その11:二度目の一時帰宅!

 陣痛促進剤の点滴を、嫁に施したのを確認した後、一時帰宅。足りない物を揃えて、さぁ!急いで戻ろう! と、思ったら、嫁からの携帯メール。陣痛が来たようだ! おお! こんなことしてられんな!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出産その10:打開策!

 休日も明けて、入院後初の担当医の診断。話し合いの末、陣痛を促進させる薬を使うことになった、よ~んだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出産その9:バテ気味でございます!

 二日目の朝を迎えてしまいましたよ。(^_^;)

 実は陣痛の間隔が短くなる前に既に破水(程度は軽い)が始まっており、子宮内圧が低下することによって、なかなか出産に結び付かない状況に陥っている。陣痛の間隔もなかなか縮まらない。嫁にしてみれば、まるで無駄に痛みが長引いているようで、昨日の午後から眠ることができず疲労が溜ってきてしまった。体力が必要な場面であるが食欲も出ず、まともなものを食べていない。まさに悪循環。。

 うまいこと行かんものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出産その8:疑心暗鬼にもなりますがな!

 先の投稿でも話題にしたが、心拍モニターをやたら外したがる助産婦さんがいて、その他の別の人が回ってくると、そそくさと装着して出て行く。一体何の儀式だ?
 今夜から夜勤に入った助産婦さん good !。この方は入院前の講習会の講師だった方。とても親身で嬉しい。人によって差がありすぎるのも如何なものでしょうな。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

出産その7:意外と心臓に悪いのね!

 小康状態なのかと思っていたら、単に嫁が痛みに慣れてしまっていただけのようで、状態は進行していたのであった。この間、胎児の心音を計るモニターの数値が極端に下がったり、酸素吸入のマスクを着けたは良いが、肝心の酸素が出ていなかったりと、心臓に悪いったらありゃしませんよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/24

出産その6:こりゃ明日かも!

 本日昼頃の予想では、21:00 あたりに出産と目されていたのであるが、途中、小康状態に入ってしまい、どうやら明日にズレこむかも。
 そんなこんなでは、嫁の腰をさするとか、オレが必要とされる事もなく、完全に手持ち無沙汰なんである。
 今オレ達がいる部屋は陣痛室という所で、子宮口が開くまで待機する場所だ。通路を挟んで向かいが分娩室になっている。暇だったお陰で今日一日中、何人もの妊婦の天晴れないきみ声と、それに続く新生児の産声を幾度となく聞いた。幾つもの命がいきなり人として現れて、家族に迎えられていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)